防火対象物点検の特例認定制度の流れ

消防長又は消防署長は、検査の結果、消防法令の遵守状況が優良な場合、点検報告の義務を免除する防火対象物として認定します。

特例認定制度の要件

消防機関は、消防法令に定められている次のような要件に該当するかを検査します。 (次に示す点検項目はその一部です。)

  1. 管理を開始してから3年以上経過していること。
  2. 過去3年以内に消防法令違反をしたことによる命令を受けていないこと。
  3. 過去3年以内に防火対象物点検報告が1年ごとにされていること。
  4. 防火管理者の選任及び消防計画の作成の届出がされていること。
  5. 消火訓練及び避難訓練を年2回以上実施し、あらかじめ消防機関に通報していること
  6. 消防法における消防用設備等点検報告がされていること。

防火対象物点検の特例認定フロー

防火対象物の定期点検に特定認定を取得するまでの流れを図に表します。

交付される特例認定表示について

特例表示の図

防火対象物点検特例認定の失効

防火対象物点検認定の取り消し

消防法令違反が発覚した場合、消防機関から認定を取り消されます。

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

難解な防火対象物制度とは >>特例認定制度
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ