防火対象物における全体の収容人員算定方法一覧表

防火対象物の区分
防火対象物全体の収容人員算定方法
1項
劇場、映画館、演芸場又は観覧場

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 客席の部分ごとに次のaからcまでによって算定した数の合計数
    1. 固定式のいす席を設ける部分については、当該部分にあるいす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を0.4メートルで除して得た数(1未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
    2. 立見席を設ける部分については、当該部分の床面積を0.2平方メートルで除して得た数
    3. その他の部分については、当該部分の床面積を0.5平方メートルで除して得た数
公会堂又は集会場
2項
キャバレー、カフェー、ナイトクラブその他これらに類するもの

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 客席の部分ごとに次のa及びbによって算定した数の合計数
    1. 固定式のいす席を設ける部分については、当該部分にあるいす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を0.5メートルで除して得た数(1未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
    2. その他の部分については、当該部分の床面積を3平方メートルで除して得た数
遊技場又はダンスホール

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 遊技のための機械器具を使用して遊技を行うことができる者の数
  3. 観覧、飲食又は休憩の用に供する固定式のいす席が設けられている場合は、当該いす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を0.5メートルで除して得た数(1未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
3項
待合、料理店その他これらに類するもの

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 客席の部分ごとに次のa及びbによって算定した数の合計数
    1. 固定式のいす席を設ける部分については、当該部分にあるいす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を0.5メートルで除して得た数  (1未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
    2. その他の部分については、当該部分の床面積を3平方メートルで除して得た数
飲食店
4項
百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 主として従業者以外の者の使用に供する部分について次のa及びbによって算定した数の合計数
    1. 飲食又は休憩の用に供する部分については、当該部分の床面積を3平方メートルで除して得た数
    2. その他の部分については、当該部分の床面積を4平方メートルで除して得た数
5項
旅館、ホテル又は宿泊所

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 従業者の数
  2. 宿泊室ごとに次のa及びbによって算定した数の合計数
    1. 洋式の宿泊室については、当該宿泊室にあるベッドの数に対応する数
    2. 和式の宿泊室については、当該宿泊室の床面積を6平方メートル(簡易宿所及び主として団体客を宿泊させるものにあつては、3平方メートル)で除して得た数
  3. 集会、飲食又は休憩の用に供する部分について次のa及びbによつて算定した数の合計数
    1. 固定式のいす席を設ける部分については、当該部分にあるいす席の数に対応する数。この場合において、長いす式のいす席にあつては、当該いす席の正面幅を0.5メートルで除して得た数(1未満のはしたの数は切り捨てるものとする。)とする。
    2. その他の部分については、当該部分の床面積を3平方メートルで除して得た数
6項
病院、診療所又は助産所

次に掲げる数を合算して算定する。

  1. 医師、歯科医師、助産婦、薬剤師、看護婦その他の従業者の数
  2. 病室内にある病床の数
  3. 待合室の床面積の合計を3平方メートルで除して得た数
老人福祉施設、有料老人ホーム、精神障害者社会復帰施設 等 従業者の数と、老人、乳児、幼児、身体障害者、知的障害者その他の要保護者の数とを合算して算定する。
幼稚園、盲学校、聾学校又は養護学校 教職員の数と、幼児、児童又は生徒の数とを合算して算定する。
9項
公衆浴場のうち、蒸気浴場、熱気浴場その他これらに類するもの 従業者の数と、浴場、脱衣場、マッサージ室及び休憩の用に供する部分の床面積の合計を3平方メートルで除して得た数とを合算して算定する。
16項
複合用途防火対象物のうち、そ の一部が(一)項から(四)項まで、(五)項イ(六)項 又は(九)項イに掲げる防火対象物の用途に供されているもの 各項の用途と同一の用途に供されている当該防火対象物の部分をそれぞれ1の防火対象物とみなして前項の規定を適用した場合における収容人員を合算して算定する。
16の2項
地下街 各項の用途と同一の用途に供されている当該防火対象物の部分をそれぞれ1の防火対象物とみなして前項の規定を適用した場合における収容人員を合算して算定する。

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

難解な防火対象物制度とは >>収容人員算定
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ