防火対象物点検資格者講習会とは

平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災は、44名の死者と3名の負傷者を出す大惨事となり、平成14年4月に消防法の一部が改正されました。

一定の防火対象物については、消防法令及び火災予防等に係る専門的な知識を有する防火対象物点検資格者 が、用途の実態や消防計画に基づいた防火管理の実施状況等の火災予防に係る事項も含めて総合的に点検します。

管理権原者がその結果を消防機関に報告することとなりました。防火対象物点検講習会は、上記の定期点検を行うために必要な資格を取得するための講習会です。  

防火対象物点検資格者の受講資格とその証明書類

  1. 講習は、次の12項目の受講資格のうちのいずれかに該当しなければ受けることができません。受講資格がある人は、それぞれの資格に応じて必要な証明書類を用意してください。
  2. 受講資格を偽って申請した場合には、免状を取得してもその資格は消防法施行規則第4条の2の4第5項の規定により喪失します。
受講資格
資格 実務経験年数等 必要な証明書類
消防設備士 消防用設備等の工事、整備又は点検について3年以上の実務経験がある者
  1. 消防設備士免状の写し
  2. 実務経験の証明
消防設備点検資格者 消防用設備等の点検について3年以上の実務経験がある者
  1. 消防設備点検資格者免状の写し
  2. 実務経験の証明
防火管理者 3年以上その実務経験がある者
  1. 消防機関が受理した防火管理者選任(解任)届出書の写し
  2. 実務経験の証明
建築基準適合判定資格者検定合格者 建築主事又は確認検査員として2年以上の 実務経験がある者
  1. 建築主事資格検定合格証書又は建築基準判定資格者登録証の写し
  2. 実務経験の証明
特殊建築物等調査資格者 特殊建築物等の調査について5年以上の 実務経験がある者
  1. 特殊建築物調査資格者認定証の写し
  2. 実務経験の証明
建築設備検査資格者 建築設備の検査について5年以上の実務経験がある者
  1. 建築設備検査資格者認定証の写し
  2. 実務経験の証明
1級建築士又は2級建築士 建築物の設計若しくは工事監理又は建築工事の指導監督について5年以上の実務経験がある者
  1. 建築士免許証の写し
  2. 実務経験の証明
建築設備士 建築設備の検査について5年以上の実務経験がある者
  1. 建築設備士試験合格証書の写し
  2. 実務経験の証明
市町村消防職員 火災予防に関する業務について1年以上の実務経験がある者 在職及び実務経験の証明
市町村消防職員 5年以上その実務経験がある者(上記に掲げる者を除く) 実務経験の証明
市町村消防団員 8年以上その実務経験がある者 実務経験の証明
特定行政庁の職員 建築行政に関する業務(防火に関するものに限る)について5年以上の実務経験がある者 在職及び実務経験の証明

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

難解な防火対象物制度とは >>受講資格
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ