重要である防火管理者の選任が必要な防火対象物について

防火管理者の選任が必要な防火対象物は、劇場や百貨店、旅館、ホテル、病院や工場などの用途に応じ建物内に勤務する人や出入りする人の数(収容人員)によって、定められています(法第8条 政令第1条の2)。
下記のフローチャートにより防火管理者が必要か確認できます。

*建物用途がわからない方は【防火対象物(令別表第一)】を参照

甲種防火対象物のテナント部分で

これらの場合は、該当するテナントごとに甲種又は乙種防火管理者が必要となります。

「甲種防火管理者」または「乙種防火管理者」は、それぞれ防火管理者講習を受講し、防火管理に関する知識及び技能を有することが必要です。

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

実際の防火管理者とは  >> 防火管理者が必要な対象物 
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ