防火管理者再講習が始まりました

近年における防火対象物の使用、管理形態の複雑化、防災設備等の高度化への順応や消防法令の改正の把握など、防火管理には、防火管理業務を適切に行っていくうえでの知識、技能の更新が常に要求されています。

平成15年6月の法令改正により、高度な防火管理を必要とする比較的大規模な防火対象物の防火管理者に対しては、5年ごとに再講習を義務付けることが定められ平成18年4月1日(再講習は、平成17年度から実施)から制度化されることとなりました。

引用:東京消防庁より

防火管理者の再受講義務対象者は?

すべての防火管理者が受講する必要はありません。
下記の条件を満たした防火管理者が再受講を必要とします。

再受講が必要な防火管理者

  1. 劇場・飲食店・店舗・ホテル・病院など不特定多数の人が出入りする建物。
    すなわち特定防火対象物です。

    特定防火対象物とはどのような対象物か知りたい方はこちらへ
  2. 収容人員が300人以上の特定防火防火対象物
  3. 甲種防火管理者

上記の1、2、3を全て満たした防火管理者が再受講が必要となります。

受講義務の期限は?

再受講義務対象者に該当する防火管理者で、

  1. 選任された日の4年前までに講習を修了した防火管理者の方については、防火管理者に選任された日から1年以内。その後は5年以内毎。
  2. 上記1以外の方については、最後に講習の課程を修了した日から5年以内ごとに再講習を受講しなければなりません。

受講期限の実例

実例その1

  1. 現在、防火管理者に選任されている。
  2. 甲種防火管理講習の修了日が平成14年3月31日以前

上記条件 1かつ2に当てはまる方

再講習を受講する必要があります

平成19年3月31日までに再講習を受講する必要があります。

実例その2

  1. 現在、防火管理者に選任されている。
  2. 甲種防火管理講習の修了日が平成14年4月1日以後

上記条件 1かつ2に当てはまる方

再講習を受講する必要があります

甲種防火管理講習の修了日から、5年以内に再講習を受講する必要があります。

実例その3

  1. 現在、防火管理者に選任されていない。

上記条件 1に当てはまる方

再講習の義務はありません。

再講習義務対象物の防火管理者に選任された日の4年前までに講習を修了している場合は、選任された日から1年以内にその後は5年以内ごとに、それ以外の方については、最後に講習の課程を修了した日から5年以内ごとに再講習を修了してください。

注)詳細は必ず消防署等にお問い合わせください。

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

実際の防火管理者とは  >>防火管理者の再講習
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ