重要である防火管理の目的

毎年全国各地で多くの火災が発生し、それにより尊い生命や貴重な財産が失われています。火災による損害は、建物や財産の焼失などの直接的な損害だけでなく、社会的信用を失う等間接的な損害も含めその損害額は膨大なものとなり、損害保険に入っているから安心とは決して言えません。ましてや人命の損失を考えると、金銭の問題だけでは済まされません

過去の火災事例

過去の火災事例をみると、日常の火気管理ができていないことより出火し、消火器や警報設備、消防用設備の不備や維持管理の不適切により実際に機能しないケースや、いざ消火をしようとしても使い方が分からない等(初動対応の不手際)により、火災が拡大し被害が大きくなってしまうといったケースがあとを断ちません。

重要な防火管理とは

防火管理とは、火災発生の防止と火災被害を最小限に留めることを目的として、「誰が何をしたらよいか」、「火災が発生した場合にはどうしたらよいか」等を消防計画に定め、また、日常の火気管理、消防用設備の維持管理、消火訓練や避難訓練などを行うものです。

消防法により、建物所有者や各テナントの管理権原者は、防火管理者を定め、防火管理業務の実施が義務付けられています。火災時の初動対応の不手際や消防用設備の不備などにより、管理権原者や防火管理者に対して、防火管理業務の不履行から刑事責任が問われたことも多くあります。
最近では、新宿歌舞伎町の雑居ビル火災がありました。【歌舞伎町火災遺族会HPへリンク】

私たちの尊い生命や財産を守るためには、防火管理の重要性を十分認識したうえで、防火管理を徹底していくことが重要なことなのです


次へ >> 大切な防火管理の目的をよりよく理解する為に

たった1分で簡単お見積もり

紛らわしい手間は一切なし。簡単な質問に答えるだけで消防設備点検や防火対象物点検のお見積もりが無料できます。もちろん、点検結果報告書の作製代金も含まれています。

既に1000名以上ものお忙しいオーナー様や管理ご担当者からご好評を頂いております。また、しつこい営業電話など一切ございません。

想像して見てください。1分後にはあなたの手元にお見積もり。ご利用は今すぐ!

P.S
明日にでも消防の査察が入るかも知れません。そんな時の為にも・・・・

消防設備点検はこちら防火対象物点検のお見積はこちら

簡単点検お見積り >  スグできる消防設備のお見積り
 

消防設備点検と防火対象物点検は安心太助にお任せ!©Bousai Souken Inc

▲上へ